小屋場只只

山口県大津島に行って来た

内田鋼一さんの大壺を生で見たくて、調べて見つけた宿

小屋場只只

私には、それはそれは贅沢な宿

全てが贅沢なもので溢れていた

だけど、ただただ贅沢なだけじゃない

それはあくまで脇役のように、、、

 

そこには、嘘みたいな本当の雄大な瀬戸内海の海が有って

嘘じゃなくあたたかで切なく優しい島の姿が有った

 

オーナーさんの情熱が有る

その情熱に共感し、きりもりされているスタッフの

お二人の暖かいふれ合いが有る

島の人達の暖かい方言や笑顔が有る

それは本当にひっそりと力強く有る

 

只只、美しいだけじゃない

悲しい歴史や力強い自然

それでもひっそりと、力強く

水平線の向こう側から日は昇り、日は沈む

 

からっぽ からっぽ なんもせん

小屋場只只

 

 

 

 

 

 

Comments(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://kawai-arisa.jp/%e5%b0%8f%e5%b1%8b%e5%a0%b4%e5%8f%aa%e5%8f%aa/trackback/