土と麦と木と雨の人

つい最近、身近な人達と話していたネタがある。

私は、相方の彼の事を木とか土っぽいと思っている。そしてそこにいた美容師さんの事も木とか土っぽいと思っている。そんな事を私はふたりに言った。

そこにいた私を含め三人は、 たしかにそれっぽいと納得していた。美容師さんは今の自分は麦がしっくりくるとも言っていた。

それを聞いて、たしかにと思ったりもした。

その後、私は例えたら何なのかな??そこにいた三人でそんな話をした。

二人ともなかなかそれ!!という何かを言ってくれなくて、この世にあるものじゃないとか、、、ペガサス的な何かとか、妖精とか、、、

でも妖精は可愛いすぎる!!とか、柔らかいようでめちゃくちゃ固いとか、白に包まれていそうで中の方は真っ赤に燃えているとか、さんざん面白可笑しく言われた。

それに対して納得のいかない私は、もっと分かりやすいものに例えてほしいと言っていた。

そして少し時間がたった頃、相方が水じゃない!?と言ってきた。水っていうか、雨の一粒一粒みたいな感じ。そんな事をけっこう真剣に言って来た。

雨ってぇ、、、めっちゃ暗い人みたいじゃん・・・私、このメンバーの中なら一番能天気でポジティブだと思っとんやけどなぁ・・・

そんな事を思っていたけど、私以外の二人は、雨めっちゃいいやん!!!雨がないと生きれない、雨は水だし川だし海にもなれる。

流れる場所に寄って何色にもなれる。そんなような事を言ってくれた。

私も、私で単純に雨ってなんかものすごくかっこいい。と思えてきた。

まだまだ、雨の一粒一粒だけど、だからこそいろいろな所にいって何色にもなれるし、可能性は無限。少しずつ土や木や植物に潤いを与えながら

また、土や木や植物の側を流れる事で浄化されながら曇りのない水のまま海になれたらいいなぁと、大切な人達と話ながらそんな事を思ったのだ。

これからは、ここのブログでいろいろ気ままに書いていこうと思います。

お時間ありましたら、また覗いてみて下さい。

Comments(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://kawai-arisa.jp/%e5%9c%9f%e3%81%a8%e9%ba%a6%e3%81%a8%e6%9c%a8%e3%81%a8%e9%9b%a8%e3%81%ae%e4%ba%ba/trackback/